Entries

スポンサーサイト

肩掛けを編む(二枚目) 3(完成)

ビスクさんの肩掛けを仕上げます。まず、編み棒に掛かっている目を伏せ止めします。本当は棒針だけで伏せ止めをするのですがかぎ針があるのでかぎ針を使って細編みで止めていきます。次に両端を編みます。市松さんの肩掛けと同じようにゴム編みをしてそこに通す端を編む予定でしたがリボン結びにしたほうが可愛いような気がしたのでかぎ針でリボン部分を両端に編むことにしました。リボン部分を編んでアイロンを掛けてできあがり。...

肩掛けを編む(二枚目) 2

ビスクさんの肩掛けの続きです。模様編みを編んでガーター編みをしました。市松さんの肩掛けは横方向編んで行きました。首周りと裾になる部分の段数が同じなので広げるとマフラーのように直線状態になります。ビスクさんの肩掛けは裾から首周りに向けて縦方向に編んでいます。途中で目数を減らしていきますので、出来上がり状態は直線状態ではなく、カーブしてます。付け衿みたいな感じですね。あとは針に掛かっている所を処理して...

肩掛けを編む(二枚目) 1

ビスクさんの肩掛けを編みます。前回、なんとなく勢いで市松さんの肩掛けを編みましたがビスクさんにも肩掛けを編んでみたくなりました。参考に市松さんの肩掛けをビスクさんにかけてみました。着物用のデザインだけど洋服でも意外と可愛いです。これ、レース糸で編んだら夏の服に合いそうね。さて、毛糸を選びます。家にある毛糸で何かいいのがあるかな、と思って探してみたらこんなのが出てきました。夏の毛糸。市松さんの肩掛け...

肩掛けを編む 2(完成)

模様編みの途中まで編んだ肩掛けの続きを編んで仕上げます。模様編みを続けて編んでゴム編み部分を同じように二重にして編んでもう一方の先端も編んでアイロン掛けて出来上がり。人間用は模様が12個ですが、市松さんには長すぎるようですので山を一つ減らして11個にしました。肩に掛ける状態に折るとこんな感じ。市松さんに掛けてみる。市松さんが可愛いから「ちょっと大きかったかな~」とか、「編み目、がたがた~」があまり...

肩掛けを編む 1

前回、次は何を縫おうか考えているうちにいきなり編み物をはじめてしまった、という…。「一体あなたは何をしているのでございますか」という話で終了したのですが。あの後、某管理人さんから再びメールが来て「もう着物はあるから、それはKさんの市松さんの着物を縫ってあげて」との事。…もう着物、あるんですか?いいんですか? この綺麗な生地、貰っちゃって。うわー、ありがとうございまーす!…と、遠慮もせずに戴いてしまう...

Appendix

プロフィール

K

Author:K

アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。