Entries

スポンサーサイト

浴衣に挑戦(二枚目) 1

浴衣二枚目行きます。次の目標は「一枚目の浴衣の寸法に補正を加えてビスクさんの体形に合う浴衣をつくる」です。改めてビスクさんに浴衣を着てもらいました。 (このビスクさん、手もビスクという話を 昨日しましたが、足はビスクではありません。 いつもはドレスや靴で足は見えませんが、 こうして見ると足がつやつやしていて、 顔や手と質感が違うのがわかると思います)前回はかなりきつめに着付けました。今回はかなりゆ...

浴衣に挑戦 15

改めて一枚目の浴衣の出来上がり状態です。前と後ろ。よれよれでもっさりしてますがなんとか浴衣の形にはなりました。だんだん形になっていくので縫っている間、ずっと楽しかったです。きのうのブログの画像を見た某管理人さんが「浴衣だから0Kの長さ」とメールを送ってくれました。袷のたっぷりした長さを見てたので浴衣でもこれでは短いのでは、小さいのではと思っていたのですが…。良かったー!さて、次です。運針の練習もか...

浴衣に挑戦 14

縫った浴衣のチェックをしました。結果、小さかったです。(短かったといえばいいのか)12号サイズだと大きすぎると思って10号サイズを参考にして作りました。着丈はぴったりだけどほかの部分は小さくなるみたいだ、ということはその時にわかっていたのですが、実際出来上がると思っていた以上に小さかったのです。浴衣だから大きいよりも少しくらい小さいほうがまだいいかな、と思ったのですがこれはさすがに小さすぎました。...

浴衣に挑戦 13

肩上げをして紐を付けて完成しました。まず肩上げ。本の通りに縫いました。次は紐。本では夏の着物なので紗を使っています。今回縫ったのは浴衣なので何か浴衣に合う薄い布ということで使ってない手ぬぐいを使うことにしました。紐を作ります。細長く縫ってひっくり返して紐の上になる所と着物に縫い付ける所に飾り縫いをします。この飾り縫いが可愛い。本には図案しかなかったので刺し方は自己流で。そして一枚目の浴衣が完成しま...

浴衣に挑戦 12

腰あげをして袖をつけました。まずは腰あげ。「本来は出来た着物を子供のサイズに合わせてあげるけれどお人形さんの着物はここで腰あげ」なんだそうです。本に書いてある通りに腰あげしました。次に袖を付けました。袖付けにもちゃんときせをかけます。袖は二ミリ外、身頃は印に合わせて縫います。あとは縫い代を三つ折ぐけ。着物の形になりました。なんといいますか、よれよれ感が加速してしまったというか…。いや、よれよれ感よ...

四箱目!

まだ宝箱の続きが!きのう某管理人さんから「着物と小物を贈りました」というメールが届きました。…気前良すぎでございます。宝箱、四箱目でございます。ありがたや、本当にありがたや。そして今日、届きました。早速開封。羽織です。羽織が五着も。一番下の黒地は絽です。夏物。夏物の羽織って珍しいんじゃないかな。で、羽織って裏がおしゃれなんですよね。こんな感じで。袷が縫えるようになったらしっかり活用しないと。市松さ...

浴衣に挑戦 11

衿が完成しました。浴衣に挑戦もすでに11です。完成時にはこの11が幾つまで成長していることやら…。本の説明が丁寧なので、書いてあることは理解できます。何の苦労もなく楽しんで縫ってます。が、理解できるのと、綺麗に縫えると言うのは別なんです。なんといいますか、ほら、初めて作る料理、料理本のレシピに忠実に作っても写真と同じようにはなかなかできないというのと同じというか。…と、いうわけで。衿は付きましたが、...

浴衣に挑戦 10

衿を途中まで付けました。衿布の両端をアイロンで出来上がり寸法に折ります。身頃の衿付けラインに合わせてまち針を打っていきます。きせをかけるので、針を打つのは衿付けラインは印の上、衿はアイロンで折ったところから二ミリ外です。剣先のきせの部分や衿のカーブに注意して縫っていきます。途中要所で返し針をしたり、半返し縫いをします。人間用の浴衣はかなり苦労した覚えがあるのですが、お人形用は小さいせいかあまり苦労...

浴衣に挑戦 9

左右衿下、裾の縫い代の始末をしました。左のおくみの衿下から裾、右のおくみの衿下までぐるりと三つ折ぐけをします。衿下と裾のぶつかる角の額縁がきれいになるように折ります。洋裁だと余分な布は切り落とすのですがこの本では布は切らずに折るだけです。浴衣作り、ここまでは直線を縫ったり三つ折ぐけをするだけで特に難しいと感じる所はなかったのですが、次は難関「衿つけ」です。以前浴衣を縫った時に一番苦労した記憶が…。...

浴衣に挑戦 8

きょうは脇とおくみの縫い代を始末しました。まず「脇の縫い代を始末します」後ろ身頃の縫い代に1ミリのきせをかけてアイロン。その後で三つ折ぐけします。次に「おくみの縫い代を始末します」脇は左右に縫い代を割ってそれぞれ三つ折ぐけしましたがここは左右に割らずにまとめて三つ折ぐけします。きのうぐし縫いした所の縫い代の始末が終わりました。きょうはここまで。次は「左右襟下・裾の縫い代始末」だそうです。以前、和裁...

Appendix

プロフィール

K

Author:K

アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。