Entries

スポンサーサイト

被布

今のエンジの着物がまだ縫えてないのに次に縫うものを考えています。次は被布を縫おうと思っています。被布は、以前某管理人さんから実物を参考に送ってもらっています。七五三で女の子が着ているのを見て被布って可愛いな~と思っていたのですがお人形の被布は小さくてこれまた可愛い。市松さんが着るととっても可愛い。あきはスナップ二個。裏が派手~。羽織の裏が派手なのと同じ感覚なんでしょうか。被布の表地はどれにするかま...

ビスクさんに平安衣装

三日に一度の更新なので本当は昨日が更新予定だったのですね。てっきり今日が更新日なのだと勘違いしてました。(最近物忘れと勘違いが多くて困ったものです)本来は三の倍数日が更新日の予定です。さて、前回、市松さんに平安衣装を着せました。いつか自分でも縫ってみたかったので参考にするためにサイズを細かく測ったり縫い方を詳しくチェックしてから返却しようと思いましたので返却が少し遅れる旨をメールしたら某管理人さん...

平安衣装

参考に送って貰った平安衣装をチェックします。まず上着(上着でいいんだろうか)着丈が48.5センチ。腰あげはありません。今まで縫った着物は背縫いがありませんでしたが、この着物は背縫いがあります。大人の着物の仕立て、ということですね。上着に重ねる着物。(なんていうんだろう。かさね、でいいんだろうか)これは裏がありません。ひとえです。そして、おくみと前身頃が別々ではなく前身頃は一枚の布になってます。けっ...

「せともの」「布地」

三日に一度の更新予定なので本当は昨日が更新の日のはずだったのですが、一日ずれました。なぜか20日早朝からネットが閲覧できず、メールソフトも使えない状態になってしまっていました。コントロールパネルを開いて調べると「DNSエラー プロバイダ-に連絡してください」という表示が出ます。実は今までに何度かこういう状態になったことがあり、何もしなくても放っておけば数時間後に復旧するので今回もすぐになおるだろう...

袷に挑戦 20

この記事は6月11日 袷に挑戦 21に続きます。腰上げを縫い直しました。前回の衿のお直しで久しぶりに針と糸を持ちました。やっぱりお人形さんの服作りは楽しいです。直す前の腰上げ直した後の腰上げごらんの通りでございます。あまり変化がないよ、と言われそうです。肉眼で見るとこれでも少しはましになってます。少し、というところが情けないのですが技術が伴わず、どうしても完璧に綺麗に縫えませぬ。多分、たくさん縫っ...

袷に挑戦 19

この記事は3月18日の「袷に挑戦 18」の続きです。随分長いこと着物作りをお休みしていました。縫いたいという気持ちばかりが先行して実際なかなか縫えない、という日々でした。本当に少しずつですが、また着物を縫っていきたいと思います。3月からお休みしていた袷の続きを縫います。この袷、衿に芯をいれなかったので襟元がよれよれしてしまいました。(なぜ芯をいれなかったか詳しい事は5月9日の記事で)まずは襟周りに...

外で撮影は…

某管理人さんから戴いた本です。市松人形の写真集です。市松さんが色んな場所で撮影されています。桜の下や、海岸、雪の中、ひっそりとした古い日本家屋…。今年の春、実は「夜桜の下で市松さんを撮影したい!」と思ったのですね。近所に小さな公園があり、大きな桜の木が一本あります。裏通りに面しているので普段はあまり人通りもありません。その桜が満開近くなった頃から、「夜桜と市松さんの撮影のチャーンス!」と、思って何...

着物を縫いたいけれど

袷の着物、続きがなかなか縫えずにいます。今、ここまでできています。前後ろ袖と身頃はそれぞれ縫えています。後は袖を身頃に縫いつけたら比翼のないシンプルな袷の着物ができる予定です。が、この着物、衿周りがよれよれしています。よれよれは私の腕が下手、というのが一番の理由ですが、考えられる理由がもう一つあります。実は、私の勝手な判断でこの着物の衿芯をかなり薄くしたんですね。本来は布を二重か三重くらいに折って...

顔について思うこと

お人形さん達が私の所に来たのは昨年の10月8日です。お人形さんたちと過ごして約7ヵ月になりました。よれよれながらも袷の着物を縫うことも出来ました。ビスクさんも市松さんも某管理人さんがオークションで手にいれたものです。市松さんは某管理人さんが気に入って入札して某管理人さんに可愛がられていたお人形さんです。ビスクさんは某管理人さんが私へのプレゼントのお人形さんを探してくださっていて、オークションで「こ...

布について思うこと

某管理人さんからたくさん布を送ってもらっています。前回、送って貰った布の中にとても可愛い柄の布がありました。私、一目見て着物の解いたものだと思ったのですが実は長襦袢の布でした。教えて貰うまで全く長襦袢だとわかりませんでした。で、長襦袢、とい言葉でふと思ったのが、この布。この布、もしかして男物の長襦袢の布?と、いうことは…、一緒に送って貰った鷹と龍の布も、もしかしたら男物の長襦袢の布?それとも。もし...

Appendix

プロフィール

K

Author:K

アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。