Entries

スポンサーサイト

下着を縫う 4

脇の縫い目、衿下、裾の始末をして袖を作ります。まず、脇の縫い代の始末をしました。ひとえの浴衣と同じやり方です。次に衿下と裾の始末をしました。筒袖の布を裁ちました。袖口とふりの部分をできあがりにアイロンを掛けて袖口部分をくけておきます。袖下の部分を袋縫いして、きせを掛けてアイロンを掛けます。これで筒袖の完成です。名前の通り、ただの筒、といった感じです。着物に比べてかなり丈が短く感じられると思いますが...

下着を縫う 3

布を裁って縫います。縫い始める前、半襟をつけるので長襦袢の丈をそのまま短くしたものに筒袖をつければいい、と頭で考えていました。が、実際縫おうとしたらそれではいかん、ということに気付きました。今まで長襦袢を縫っていなかったので気付かなかったのですが長襦袢の衿は裾から9センチのところまであります。なので、衿を長襦袢と同じように身頃につけてしまうとやたらと長い丈のものになってしまうのです。人間用では半襦...

下着を縫う 2

下着用の布を用意します。二着縫いますので長襦袢を二枚選びました。これにします。両方とも仕立て上がりの長襦袢です。向かって左はミシンと手縫いで仕立ててあり、右は全部手縫いで仕立ててありました。さて、解きますよ~。両袖を外したところで、下着ならこれで充分に布の量は足りると思ったので後は解かずにそのままにしておくことにしました。二枚の長襦袢の両袖を外しました。裾、袖口、袖のふりの縫い目を解いて一枚の布状...

下着を縫う 1

エンジの袷も時間がかかりましたがなんとか仕上がりました。次いきまーす。いつもお世話になっている某管理人さんの市松さんに下着を縫いまーす。「半襟をつけるのが目的ですので簡単なものでいいです。 下は腰巻よりパンツがいいです」と以前に連絡を貰っていました。最初は袖不要、ということでしたがその後、簡単な筒袖をつけることになりました。簡単なもの…。普通、下着は前身ごろとおくみの切り替えがありません。もっと簡...

鍵と簪

お盆くらいから朝が涼しくなってきましたね。お盆も過ぎましたがなんだかばたばたが続いています。エンジの着物の次は被布を縫おうかな~と思っていたのですが変更して下着を縫うことにしました。…が、ばたばたしていたのでまったく手をつけていません。なので、今日はブログをお休みしようかな、と思ったのですが、ちょっと遊んでみた画像があるのでそれを載せたいと思います。某管理人さんから「螺鈿細工の箪笥の鍵、本当はもっ...

いいものが来た~

お盆ですね~。何やら身辺ばたばたしています。このブログ、現在は三日に一度の更新予定で、次の15日の更新はばたばたしていたらお休みするかも、と以前書いたのですが…。今日更新するのであります。なぜか。それはもう、いいものが来たからですよ!いいものその1「袷に挑戦」の着物、某管理人さんに送ったのですが、市松さんに着物を着せて画像を送ってくださいました。可愛い市松さんの姿をどうぞ!着物はやっぱりよれよれで...

袷に挑戦 36(完成)

飾り衿をつけて肩上げをして仕上げます。(今日は記事が長いですよ~)まず、飾り衿を作ります。布を裁って出来上がりに折ってアイロンをかけます。中心の折山から五ミリくらいの所で表地に縫いつけます。縫い終わったらずれないようにしつけで留めておきます。出来上がり状態にまち針を打ちます。かくししつけの要領で表地に縫い付けて、布が浮き上がらないように衿周りだけ同じ要領で衿の端から五ミリのところを縫い付けます。飾...

袷に挑戦 35

裾の比翼をつけます。表から比翼の見え具合を確かめながらふき布にまち針でとめます。まち針をとめたらずれないようにしつけをします。比翼の上部を表のふき布にかがりつけます。これで比翼が付きました。全体の感じはこうなりました。後は飾り衿を作ってかがりつけて肩上げをして仕上げのアイロンをかければ出来上がりです。次の更新日には仕上がってる予定。グリコのおまけの絵本が押入れから出てきました。買った記憶がありませ...

袷に挑戦 34

比翼の袖と長襦袢の袖をできあがっている袷の着物に取り付けます。比翼の袖と長襦袢の袖です。右の袖と左の袖をそれぞれ重ねます。ずれないように袖口と袖付けのところをあらくしつけで止めます。比翼の袖と長襦袢の袖を着物に縫い付けます。まず袖口。ぐるりと袷の着物の袖口布にかがりつけてもいいのですが肩山の位置で一針だけ紅絹まで針を刺してそこで糸を結んでおくだけにしました。こうしておけば袖口から見える比翼の袖と長...

袷に挑戦 33

長襦袢の袖の続きです。半分に折ってアイロンを掛けたのを元通りに拡げてから中表にして肩の所で半分に折ります。両端がふりの部分になります。両端から縫い代分をよけて裾の部分を三センチ縫います。縫う範囲にまち針を打ちます。縫い代部分をよけて三センチ縫います。きせをかけるので縫うのは印の二ミリ外です。(画像を暗めにするとこのように布の模様が写るのですが… …なんかホラーっぽいというか。雰囲気が不気味です…)次...

Appendix

プロフィール

K

Author:K

アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。