Entries

スポンサーサイト

2月のプロフィール画像

…。黒いわね…。Kがやっと黒い着物の続きを縫い始めたわー。縫い始めたのはいいけど、スクロールしてもスクロールしてもスクロールしてもブログが黒々としてるばっかりでなんか、つまんないのよねー!だからこの黒々をなんとかしなくちゃ、と思ってアタシが颯爽と登場したって訳よー。…え? 「そういう黒猫がいちばん黒い?」そうよ、アタシは黒猫よ? 当然黒いわよ! 真っ黒よ!ちょっと! 後頭部映してんじゃないわよ!黒い...

黒の着物 24

袖付けを完了します。まずアイロンです。きせをかけるので三枚重ねて縫った内側二ミリの所を袖側に折ってアイロンをかけます。次によけてあった袖の紅絹を縫い目に被せるようにして待ち針を打ちます。身頃の紅絹に袖の紅絹をまつりつけます。これで袖付けが完了しました。可愛いねぇ。次は肩上げです。年が明けてずっと天気が良くて、今年の冬は雪が降らないのでは…とのんびり思っていたら、日曜からどかーんと降って、どかーんと...

黒の着物 23

袖付けに進みます。まず袖付け止めをします。袖付けの印の所を補強の為に縫い合わせます。まず左前身頃の袖付け印と左の内袖を縫います。待ち針を打ってある所が縫い合わされるところです。糸は二本取り。袖の表地の裏から針を出し、前身頃の表地、袖の紅絹、身頃の紅絹と針を進め、最初に針を出した表地の二ミリ袖山よりに針を入れて糸を結び合わせます。糸は切らずに長いまま残しておきます。次に後身頃の袖付け印と左外袖を縫い...

黒の着物 22

腰上げをします。まず、出来上がりに状態に布を折ってアイロンをかけます。次に待ち針を打ちます。先におくみからおくみの間に待ち針を打ちます。ここは直線部分なので、折りたたむ所の布幅が同じです。なので、単純に折りたたんで待ち針を打ちます。おくみから襟の部分は布幅が違うので襟で合わせて待ち針を打ってから、ゆるみの分はダーツを取ります。右の身頃。左の身頃。待ち針が打てたら糸二本取りで二目落としで縫います。腰...

黒の着物 21

襟を仕上げます。まず、襟周りに芯を入れます。前回までは三つ折にした共布を挟み込んで縫っていたのですが広げた共布を縫い代に粗く縫い付けておいてまつる時に一緒に折って縫っていくという方法があると知り、今回はそのやり方をしてみることにしました。襟周りに長めに作っておいて余った分の襟布を重ねて縫い代に縫い付けました。襟布は出来上がり状態にアイロンで折ってあります。その折山で折った状態で襟下から襟下の間にぐ...

黒の着物 20

襟を付けます。襟布は出来上がりの線に合わせてアイロンで折ってあります。身頃に合わせて柄の出方を確認します。柄を確認したら、身頃の左の襟下から右の襟下まで待ち針を打っていきます。縫い始めと縫い終わりの襟下の所は襟のアイロンで折った出来上がりの山の線と身頃の襟下の印の布端ぎりぎりに合わせて待ち針を打ち、そのほかの部分はきせをかけるので、身頃は出来上がりの印の所、襟はアイロンで折ったところから二ミリ外側...

家具を貰いました

ビスクさんの箪笥と市松さんの箪笥を貰いました。まずはビスクさんの箪笥。いつもお世話になっている某管理人さんが「オークションでいいの見つけたから」と正月早々送ってくれました。前はこんな感じ。上はこんな感じ。いかにも「人形用の家具」という感じなのですが、宅急便の箱には「宝石箱」と書いてありました。その名の通り引き出しを開けるとアクセサリーを置くための仕様になってます。ビスクさんのアクセサリーを入れてみ...

1月のプロフィール画像

あけましておめでとうございます。穏やかな正月です。外には雪が全く積もっていません。青空が見えて日差しが射してます。私が住んでる地方でこの時期にこの天気は滅多にないことです。こたつを愛してる私ですがあまりの天気の良さに近年行ってなかった初詣に行ってきました。鶏の置物が売られていました。ちょっと情けない顔。「迷子なんです~」という感じでしょうか。見た瞬間に笑ってしまい、思わず買ってしまいました。底が開...

Appendix

プロフィール

K

Author:K

アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。