Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒の着物 8


袖の表布と裏布を縫い合わせます。

まず、表布の内袖側が上になるようにして
表布と裏布を重ねます。

今の時点で表布と裏布は袖口止めだけで繋がっています。
上から表布の内袖、外袖、裏布の外袖、内袖の順番で
四枚重なった状態になります。

袖のたもとの丸みの印をチャコペンシルでつけてから
待ち針で四枚重ねて止めます。

四枚重ね

前回三センチ縫った間を縫います。
きせをかけるので、縫い目は全て縫い代の線の二ミリ外側を縫っています。

縫い合わせる

三センチあらかじめ縫っておくのがなぜなのか
最初はわかりませんでしたが、
この三センチを縫っておかないと、次の処理ができなくなるんですね。

袖口止めの下三センチ、表布と裏布を別々に縫っておくのは
袖口止めから上がすでに出来上がり状態に折ってあるからなんです。

なので袖口止めから下をすぐに四枚重ねて縫おうと思っても、
縫い代が逆向きで折ってある形になっているので
縫い代を開いて四枚布を重ねて縫うことができません。

三センチを別々に縫うことで
その三センチの間で縫い代にカーブを付けて縫い代を逆方向にすることが出来て
布を四枚重ねて縫うことが出来る形になるんですね。

間を縫ったらそでの丸みを作ります。
振袖と違って普段着の短い袖なので丸みも振袖に比べて大きくしました。
振袖の丸みは四センチですが、これは五センチです。
補助縫いをして、糸を引いてアイロンで押さえます。

丸みをつける

きせをかけるので、アイロンは縫ったところの二ミリ内側に掛けます。

次にふりの部分を縫います。
一番上の表布と一番下の裏布を合わせて待ち針で止めます。

外側のふり

ここも表布と裏布、それぞれ三センチ別々に縫ってあったところです。
内側の二枚をよけて待ち針を止めないといけないのですが、
端まで四枚重ねて縫ってしまったら
内側の二枚をよけて縫うことができなくなってしまいます。
三センチ別々に縫っておけばそのスペースに内側の二枚を
折り込んでおくことができるんですね。

ここは表布は印通り、裏布は印よりも五ミリ内側に待ち針を打ちます。
縫い合わせたら、ふりの上から中の二枚を引っ張り出して
同じように待ち針を打ちます。

内側のふり

縫ったら表にひっくり返してアイロンを掛けます。

アイロンかけた

あとは袖口の始末をすれば袖のできあがり。


今は外は雪で埋もれてるけど春になったらお出かけしよう。
バッグを選んでおこうね。

どのバッグにしようかな

スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

K

Author:K

アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。