Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒の着物 18

身頃の中綴じをして、衿付けの準備をします。

前回の17から随分間が開いてしまいました。
指と腕はまだ本調子ではありませんが、また少しずつ縫っていこうと思います。

まず、身頃の中綴じです。

中綴じの準備

脇の部分を中綴じします。表布と裏布がずれないように待ち針を打ちます。

脇

裏布を開いて縫い代の部分をしつけ糸二本取りで縫い合わせます。
(カメラ、マクロの設定にし忘れてました! ボケボケです!)

脇完成

両脇を中綴じしたらおくみの部分を中綴じします。
やり方は脇と同じです。

待ち針を打って…

おくみ

縫い合わせます。

おくみ完成

次に衿付けの準備をします。
後身頃の衿肩開きの出来上がりラインは身頃の裏側に
チャコペンシルで印をつけてあります。
その印の上をしつけ糸で縫って表側から見えるようにします。
裏布と表布を重ねてしつけ糸の印の内側で縫い合わせます。

衿肩開き

前身頃の衿付けラインの印はまだつけてありません。
型紙を当てて、表布の表側からチャコペンシルで印を付けます。
裏布と重ねて待ち針を打ちます。

衿付けライン

後身頃と同じように出来上がりラインの内側で
表布と裏布を縫い合わせます。
(縫い目のガタガタっぷりに大笑い~)

縫い合わせました

これで衿付けの準備が完了しました。

衿付け準備完了

次は衿を作る予定です。
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

K

Author:K

アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。