Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒の着物 21

襟を仕上げます。

まず、襟周りに芯を入れます。
前回までは三つ折にした共布を挟み込んで縫っていたのですが
広げた共布を縫い代に粗く縫い付けておいて
まつる時に一緒に折って縫っていくという方法があると知り、
今回はそのやり方をしてみることにしました。

襟周りに長めに作っておいて余った分の襟布を重ねて
縫い代に縫い付けました。

芯を入れる

襟布は出来上がり状態にアイロンで折ってあります。
その折山で折った状態で襟下から襟下の間にぐるりと待ち針を打ちます。

待ち針を打つ

前回、身頃に襟を縫い付けるときは左の襟下から縫いましたが
今回は右の襟下からまつりつけていきます。

襟の縫い始め、先端の始末です。
まず襟の端を中表に折って、出来上がり線の外側三センチの所を縫い合わせてから
出来上がりの線に合わせて襟の中に布を織り込みます。
三センチ分が襟の中に織り込まれて芯の働きをして襟先がしっかりします。

縫い始め

あとはどんどんまつっていくだけです。
まつるのは出来上がり線の二ミリ奥です。
まつり目が表から見えないようにするためです。

まつる

襟周りの芯の入れ方ですが、
今回のやり方が今までよりもやりやすかったので
次回からはこのやり方を採用しようと思います。

右端から左端へまつり終えました。こんな感じになりました。
アイロンがまだなのでちょっとよれよれしています。

襟付け完了

上前の花の茎の部分、襟から身頃へと柄をきちんと繋げたかったのですが
ちゃんと繋がってくれて良かったです。
黒地なのでちょっと判りにくいけれど、白の○で囲んだ所が
柄が繋がっている所。

模様が繋がった

これで襟が付きました。次は比翼作り、なのですが。

以前にも書きましたが、
本来、市松人形の着物は上着、かさね、長襦袢、の三枚セットで
着付けます。
それが簡略化されたのが比翼仕立ての着物です。
三枚セットの着物を一枚にまとめたものです。
着付けが楽で縫うのも楽です。
今まで縫ってきたのは全て比翼仕立ての着物です。

今回もこの着物を比翼仕立てで縫う予定だったのですが、
参考にしている着物の仕立て方の本にはかさねと長襦袢の縫い方も出ていて
それを見ているうちにかさねも長襦袢も縫ってみたくなりました。
三枚重ねて市松さんに着付けるとどうなるのかという興味もあります。

なのでこの着物は比翼仕立てではなく袷の上着として仕立てて、
かさねと長襦袢をこの着物に合わせて縫ってみようと思います。

そういう訳で、次回は比翼作りではなくて、腰上げに進みます。

のんびりだけど、縫うよ~。
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

K

Author:K

アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。