Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「小豆三粒」と「百徳着物」と「君の瞳に恋してる」

いつかブログに書こう、書こう、と思いつつ放置していた話があります。

「小豆三粒」

小豆

いきなり何だと思われるでしょうが、
あやにゃんさんのこの記事を読んで、
今回、その話を書いてみることにしました。

小さい頃から手芸が好きで、いろいろと作っていました。
布を裁つと必ず端切れが出ます。
その端切れが私はなかなか捨てられないのです。
本当に小さな端切れでも大事に箱に入れて取っていました。

中学生になって家庭科の授業で初めてブラウスを縫ったときに
裁断した布の端を同級生が何の躊躇いもなく
どんどんゴミ箱に捨てていくのを見て「うわ、もったいない!」
と思うのと同時に、その布を「かわいそう」と思って見ていました。

ブラウスとして使用される部分、ゴミとして捨てられる部分、
「同じ布として織られていながらこの違いはなんだろう」と
思いました。
今思い返すと当時、家族の中で「いらんもん扱い」されていた自分と
捨てられる端切れの存在をどこか重ねていたような気がします。

以前からTVの着物特集を見たり、ネットの着物関係の記事を読むことが
多かったのですが、お人形さんの着物を縫うようになってから
その機会がますます多くなりました。

そしてNHKのBSの着物特集で「小豆三粒包める布は捨てるな」と
いう言葉を知り、
ネットオークションの人形カテゴリの中に「百徳着物」と
いう品物を見つけました。

こちらのサイトさんに「小豆三粒」と「百徳着物」のことが
詳しく書いてあります。
ページの中央あたりにお人形さんの百徳着物があり
これがもう、とっても可愛いんです。
(マウスを画像に載せると後姿が見られます。後姿もとっても可愛い~)

「私にはもったいないオバケが張り付いているんだよ~」と
笑いながら小さな端切れを箱に入れてたのですが
お人形さんの着物を縫い始めてから「百徳着物」「小豆三粒」
という言葉を知り、今は「いつか百徳着物を縫おう」と思い、
「小豆三粒包めるもんね~」と笑いながら箱にしまっています。

そういうわけで、黒の着物の襟の残り布。
こんなに小さいですけど、小豆三粒包める大きさなので
しっかり保存してあります。

小豆三粒


ここで突然ですが「百徳着物」や「小豆三粒」とちょっと離れてお笑い系です。

私はブログを書くときはいつもYouTubeで適当に曲を選んでBGMに
しています。
で、なぜか今回は突然「懐かしい曲で行こう!」と思ったのですね。

それで思いついたのが「君の瞳に恋してる」。
この題名にピンとこなくても、聴けば誰もが
「ああ、この曲ね!」と思われると思います。
CMやBGMでよく流れている曲です。

で、検索して見つけましたよ。

BOYS Town Gang - Can’t take my eyes off YOU

動画が始まって、まず目に飛び込んで来た謎の円柱やスフィンクス。
それだけですでに???だったのですが…。
開始5秒で怪しい雰囲気を目にして、そのまま目が釘付けになってしまい、
そのまま見続けて途中で爆笑してしまったという…。

楽しそうですねw

黒猫「ちょっと、何よー! このダンサー、何なのよー!」

なんといってもバックダンサーの男二人が怪しすぎ。
当然コメント欄もダンサーのことばかり。
「辛いときこの動画を見ながらダンサーと同じ踊りをしたらどうでもよくなりました」
というコメントを見て、つい踊ってみた私が、ああ、馬鹿すぎるw

ええ、踊りました。1:20~1:50くらいまで。白い歯を見せて爽やかに笑いながらw
…踊る己の姿を想像して笑いが止まらなくなりました。

そして、ブログを書いていたら、このダンサーがなぜかいきなりzabaさんのこちらのキャラ
再生されて、もうどうしたものやらw





それでちょっと思ったのが、
「ああ、今、辛いときってないな~」ということ。
昔は笑うときがあったら「辛いときにこのことを思い出して元気になろう」とか
笑った後でしんみりとして思ってたりしていたのですが、
今は辛いこと自体がなくなった、というか
「辛いこと」と認識する必要がなくなったというか。
若い頃は「可哀想な私」に浸っていたかった自分がいたんですよね~。

端切れはただの端切れ。
服が仕上がったときにそれはちゃんと役目を果たしているんです。
端切れをどうしようが服を仕上げた人の勝手。
ゴミ箱に捨てられた布を見て可哀想と思う必要はないんですよ。
私にはもったいないオバケが張り付いているのでw
捨てるよりも端切れを大事にとっておいていつか何かに使う、
という選択をしましたが、
だからといって捨てられる布を可哀想と思うのはちょっと
違ってたな~と、今では思います。

で、端切れを取っておくだけの私と違って
あやにゃんさんzabaさんもさくさくと品物を作っていらっしゃるんですよね。
素敵な品物を。

お二人とも端切れに対して「可哀想」とか
変な必要のない自己憐憫を投影していらっしゃらないんですよね。
品物を作るのは「楽しいから」という純粋な思いと
相手に対する思いやり。

見習わなくては、と思います。

…さーて、百徳着物、いつになったら出来るかな~。
あ、その前に黒の着物だわ~。
(本当に見習う気があるのか、オイw)


スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

K

Author:K

アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。